剣盾のポケモン育成論のブログ、縮めてポケログ!

ポケログ!

【USUMシングル】単体考察 単タイプ 物理アタッカー 地雷・ロマン・変態型 くさタイプ トップメタ対策

【ポケモンUSUM】がむジャポかるわざBSジュカインの育成論【キノガッサ対策】

更新日:

ジュカインの種族値/特性/弱点

同期の御三家同様メガシンカを獲得するも、シングルでは同期と比べ影が薄め。今回はメガしないキノコ狩り仕様のジュカインの育成論。

 

ジュカイン

種族値

70 85 65 105 85 120

特性:しんりょく/かるわざ

タイプ:くさ

4倍
2倍 ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
等倍 ノーマル/かくとう/エスパー/いわ/ゴースト/ドラゴン/あく/はがね/フェアリー
1/2 みず/でんき/くさ/じめん
1/4
無効

 

ジュカインの調整・技構成

特性 かるわざ
性格 おくびょう(A↓S↑)
持ち物 ジャポのみ
努力値 B220 C36 S252

かるわざ+ジャポのみにより、岩石封じを受けても差し引きSが上昇している状態になります。

Bに厚く振ることでキノガッサの岩石封じorマッハパンチを2耐え。

無振りでHが4n+1になるのは今回の型にとって好都合です。

備考
リーフストーム 最大打点。
めざめるパワー飛 キノコ狩りの意志。
みがわり 遅い物理アタッカーにがむジャポを仕掛ける
がむしゃら みががむ+ジャポを狙う。

最初はジャポとの相性に優れるアクロバットで考察していたのですが、キノガッサへの後出し時にキノコのほうしをされた場合はジャポを消費できず

ジュカインアクロ(威力55のため余裕をもって耐えられる)→キノガッサ岩石封じ(ジャポ発動するも削り切れない)

となる可能性があり、より確実なキノコ狩りのためにめざ飛採用に。

 

ダメージ計算

与ダメージ

リーフストーム

H振りマンムーに108.7~129.9%(確1)

H振りパルシェンに187.2~221.6%(確1)

H振りカバルドンに95.8~114.4%(81.2%の乱1)

H振りウォッシュロトムに96.8~114.6%(75%の乱1)

 

めざめるパワー飛

無振りキノガッサに109.6~130.3%(確1)

無振りマッシブーンに90.1~107.6%(43.7%の乱1)

無振りメガヘラクロスに61.9~74.8%(確2)

 

被ダメージ

A特化キノガッサのマッハパンチ 41.3~49.6%(確3)

※岩石封じも同じダメージ

A特化マンムーのつららばり(1発) 34.4~42.7%(確3)

A特化マンムーのつららおとし 107.5~128.2%(確1)

A特化パルシェンのつららばり(1発) 28.9~34.4%(3.3%の乱3)

A特化ランドロスのとんぼがえり 70.3〜82.7%(確3)

 

ジュカインの考察・立ち回り

キノガッサ対策枠に求められる条件

後出しからキノガッサを倒すためには

①キノコのほうしで封殺されない

②タスキキノガッサ相手に殴り負けない

という条件を満たすことが求められます。

①に関しては草タイプ全般や防塵ゴーグル、ふみんなどの特性や寝言で対策可能です。

問題は②。

キノガッサ側の交代読み岩石封じorつるぎのまいまで考慮すると勝てるポケモンはやや限られます。

この育成論のジュカインは陽気最速ガッサの岩石封じを受けてもなお軽業によりS逆転されず、A+2のマッハパンチも確定耐えし、ジャポでタスキを潰すことで相手の予想外の速度で処理を行うことができます。

タスキを潰しさえすれば処理できるというポケモンは数多く、例え交代されたとしてもそのキノガッサの対面性能はガタ落ちです。この点は持ち物固定のメガフシギバナ等にはできない芸当。

また、後出し時に剣の舞を積んでくれた場合はチャンス。A+2マッハパンチで無振りメガジュカインを高乱数で持っていけることからキノガッサ側に居座りを選択させやすいはず。

A+2マッパをミリ耐え→ジャポでタスキ潰し&軽業発動→めざ飛でキノガッサ突破→後続に軽業がむしゃらという動きができれば理想的です。

また、PGLによるとジュカインの9割以上がメガストーン持ち。かるわざ+ジャポ+めざ飛というキノコ狩り特化構成はまず読まれないはず。

 

対キノガッサ以外でも一部のタスキ持ちに有用

襷マンムーや襷パルシェンに対してリーフストーム+ジャポで突破できます。

マンムーがつららおとし採用の場合は相打ちとなりますが、つららばりの場合は1発目でジャポが発動してくれるためジュカインは生き残ります。

スカーフつららおとしは合掌。

 

がむしゃら+ジャポのみの可能性

がむせっか/がむふい/がむつぶてなど、がむしゃら→先制技で突破を狙うコンボの亜種、がむジャポ。

先制で身代わりを張り続け、先制がむしゃら→相手後攻の物理攻撃でジャポ発動により道連れのような動きになります。

ちなみに、身代わりが攻撃されてもジャポのみは消費されないので安心。

注意点として、このコンボ時にラス1同士だった場合はジャポ持ち側の負けとなるようです。(第7世代から判定が変わったらしいです)

 

総評

ジャポのみを活用できるポケモンを探していたらたどり着いたジュカイン。

対キノガッサとしては、キノコのほうし無効+かるわざにより岩石封じで失速しない点がマッチします。

アクロバットまで組み込めたらかるわざ+アクロ+ジャポの構えで美しかったのですが、これはこれで。

ピンポイントすぎる構成ではありますが、S120のみががむ使いという点から全く何もできない事態は意外と少ない…はず。

メガフシギバナ等と比べキノガッサへの圧力が低めなのも、誘い出して狩る上ではむしろ好都合です。

 

その他のポケモンの育成論一覧はこちら

くさタイプの育成論一覧はこちら

-【USUMシングル】単体考察, 単タイプ, 物理アタッカー, 地雷・ロマン・変態型, くさタイプ, トップメタ対策
-, , ,

Copyright© ポケログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.