剣盾のポケモン育成論のブログ、縮めてポケログ!

ポケログ!

考察・雑記

【SM・USUM】第7世代におけるイバンの実の考察【がんじょう】

更新日:

解禁されたきのみの詳細と受け取り方

【対象ソフト】『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』
【プレゼント期間】2019年1月8日(火)13時~9月3日(火)8時59分
【プレゼント内容】ナゾのみ/ミクルのみ/イバンのみ/ジャポのみ/レンブのみ
【ふしぎなカードの受け取り方法】インターネットで うけとる

ポケモン公式サイトの情報はこちら

ナゾのみ 効果抜群の技を受けたあとHPを最大HPの1/4回復する
ミクルのみ HPが1/4以下になった時に次の行動で一度だけ命中が1.2倍になる
イバンのみ HPが1/4以下になった後、次の行動で先制できる(優先度は変化なし)
ジャポのみ 物理技を受けた時に相手に最大HPの1/8ダメージを与える
レンブのみ 特殊技を受けた時に相手に最大HPの1/8ダメージを与える

ウルトラサンムーンだけではなく、サンムーンでも受け取れるようです。

受け取り方の詳細はこちら(ポケモン公式サイト)

 

第7世代の新要素とイバンの実の考察

特性「がんじょう」のポケモンとの相性の良さが知られるイバンの実。

今回は第7世代の新規ポケモンや技との新たな可能性について考察します。

 

1.「がんじょう」ポケモン

新規がんじょうポケモンはトゲデマルとAゴローニャとコスモウムの3体。

対戦向きでないコスモウムはおいといて。

トゲデマルは元々がんじょうと相性のいい「がむしゃら」「じたばた」「きしかいせい」を覚えるほか、「アンコール」「リフレクター」「じゅうりょく」といった優秀な補助技も複数習得します。

アタッカー型、サポート型どちらにとってもイバンの実は動きの幅を広げる良きアイテムになってくれそうですが、トゲデマルはがんじょうポケモン最速であり、行動回数の確保を狙うならカムラの実のS上昇で十分なケースも多そうです。

イバンならスカーフ持ちにも先制できる/イバン圏内で一度引っ込めて温存する選択肢もあるといった点でカムラとは相互互換の関係か。

 

その点ではAゴローニャはSが低く、でんきだま+なげつけるで先制できないスカーフ持ち相手にもイバンなら先制可能であり、性格をいじっぱりにする余裕も生まれます。(代わりに相手のがんじょう潰しの行動には弱くなる)

 

2.「くいしんぼう」ポケモン

新規くいしんぼうポケモンはAラッタとAベトベトンの2体。

「くいしんぼう」のポケモンならHPが2分の1以下になった時点でイバンが発動します。

これだけなら前世代と同じなのですが、特性くいしんぼうポケモンに新要素が多々。

例えばクイタランは新規習得のほのおのムチでBダウン+イバンでふいうち以外の先制攻撃、ウツボットはイバン+新規習得のちからをすいとるで減ったHPを回復&相手のAダウンを狙う動きが新たに可能になります。

それらが果たして実用性のある動きなのかは考察する必要がありますが、今までにない動きが選択肢に増えたのはくいしんぼうポケモンの強化と言えるはず。

 

3.「こらえる」ポケモン

「こらえる」もイバン発動を狙ううえで有用な手段になります。

第7世代のポケモンではクワガノン、キテルグマ、キュワワー、ナマコブシ、バグガメス、マッシブーンが「こらえる」習得。

特性により優先度+3で動くことの多いキュワワー以外は中速以下で先制技に恵まれないため、こらえる+イバンによる先制の意義が大きいか。

中でもキテルグマは一致「じたばた」、マッシブーンは一致「きしかいせい」を有しているのは注目に値します。

 

4.「サイコフィールド」等の影響下でも問題なく発動

個人的に今世代のイバンにとって最も大きな新要素だと思います。

イバンの実による先制は優先度+1以上の技の処理とは異なり、「サイコフィールド」「ビビットボディ」「じょおうのいげん」の影響下でも問題なく発動し先制します。

イバンはこれらの妨害を受けないということであると同時に、これらで相手の先制技を封じたうえでイバンを決めることが可能であるということでもあります。

イバンの「相手の先制技には先制できない」という弱点をフォローすることが可能になりました。

 

5.「はたきおとす」の相対的弱体化

イバンに限らず、多くのアイテムにとって手痛い「はたきおとす」ですが、第7世代では無効化できないアイテムとしてZクリスタルが新たに登場。

また、「はたきおとす」の次点の悪技が「つじぎり」だったポケモンの多くが「じごくづき」を習得し、悪技の選択肢が増えました。

まだまだ悪技の中で高い採用率を誇っている「はたきおとす」ですが、フェアリー環境も手伝って若干ながらも前世代よりはイバンをはたかれにくい、またははたき読みの交代で被害の軽減がしやすい環境だと思われます。

 

6.ちなみに「ゲップ」との相性はいまいち

第7世代の新要素ではないものの一応。

ゲップはきのみ消費後に使えるようになる威力120の毒特殊技。

HPが4分の1以下でイバンのみの発動がわかっているターンであっても、技選択時はまだイバンは消費されていません。

ゲップはきのみ消費後にはじめて技選択が可能となるため、イバン発動ターンはゲップを選択することさえできません。

イバン発動先制ゲップという動きが出来たら面白いのですが、それは不可能のようです。

 

おまけ.しぜんのめぐみで威力100の物理ゴースト技に

持たせた木の実に応じた威力、タイプになる物理技「しぜんのめぐみ」。

イバンの実の場合は威力100のゴースト技になります。…使いどころはあるのだろうか。

 

総評

世代を経るごとに新要素が増えていくため当然ですが、イバンは前世代以上に可能性を秘めたアイテムであると感じました。

特に「サイコフィールド」等でイバン持ちを先制技から守ることができるのは戦術的に面白そうです。

 

ミクルのみの考察記事↓

【SM・USUM】第7世代におけるミクルの実の考察【命中率補正】

 

レンブのみの考察記事↓

【SM・USUM】第7世代におけるレンブの実の考察

-考察・雑記
-,

Copyright© ポケログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.