剣盾のポケモン育成論のブログ、縮めてポケログ!

ポケログ!

【USUMシングル】単体考察 単タイプ ほのおタイプ 物理アタッカー Zクリスタル

【ポケモンUSUM】Zとおぼえ神速ウインディの育成論【物理アタッカー】

更新日:

ウインディの種族値/特性/弱点

全体的に高水準な種族値を持ち、またそのカッコよさと可愛らしさを兼ね備えた外見からファンも多いわんこ。今回はZとおぼえにより剣舞神速のような動きを狙うウインディの育成論。

 

ウインディ

種族値

90 110 80 100 80 95

特性:いかく/もらいび/せいぎのこころ

タイプ:ほのお

4倍
2倍 みず/じめん/いわ
等倍 ノーマル/でんき/どく/かくとう/ひこう/エスパー/ゴースト/ドラゴン/あく
1/2 ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
1/4
無効

※特性「もらいび」の場合はほのお無効

 

ウインディの調整・技構成

特性 いかく
性格 いじっぱり(A↑C↓)
持ち物 ノーマルZ
努力値 H156 A252 B4 D20 S76

努力値調整は最速テッガクヤ抜きのSを確保し、Aぶっぱ余り耐久。

特性いかくのしんそく使いである点は一つの個性です。

とおぼえはZ技化することで元々のA1段階上昇に加え、さらにAが1段階上昇します(合計2段階上昇)

一応Zしんそくとしての活用も可能ですが、使いどころはあるのか…?

 

備考
フレアドライブ 最大打点。
ワイルドボルト 水タイプに。
しんそく 今回の肝。
とおぼえ Z技化で疑似剣の舞に。

ワイルドボルトの枠はインファイト等と選択。特に岩タイプやヒードランへの打点になります。

A2段階上昇後ならH振りカプ・レヒレを確1にできる点がこの型の一つの個性であるため今回はワイルドボルトで考察しますが、パーティにとって重いポケモンに合わせてください。

 

ダメージ計算

与ダメージ

※Zとおぼえ(A2段階上昇)後はダメージ約2倍

フレアドライブ

H振りテッカグヤに97.0~114.7%(81.2%の乱1)

H振りカプ・ブルルに101.6~119.7%(確1)

HB特化ナットレイに132.5~159.1%(確1)

 

ワイルドボルト

H振りカプ・レヒレに50.8~61.0%(確2)

無振りギャラドス(威嚇込み)に96.4~115.2%(81.2%の乱1)

A+1時、メガギャラドスに82.3~97.6%(確2)

 

しんそく

無振りゲッコウガに42.1~50.3%

無振りカプ・コケコに35.1~42.0%

無振りガブリアスに25.6~30.6%

 

被ダメージ

※物理ダメージは威嚇込みで計算、カプ系はフィールド補正込みで計算

A特化メガクチートのはたきおとす 30.2~35.6%(33.0%の乱3)

A特化メガクチートのふいうち 32.4~38.3%(97.8%の乱3)

A特化カプ・ブルルのウッドハンマー 36.2~42.7%(確3)

A振りメガギャラドスのたきのぼり 68.2~81.0%(確2)

 

C振りゲッコウガのねっとう 72.4~87.5%(確2)

C振りカプ・コケコの10万ボルト 58.9~69.7%(確2)

C特化カプ・テテフのサイコキネシス 80.0~94.5%(確2)

 

ウインディの考察・立ち回り

コンセプト

ウインディはもともと広い技範囲に鬼火や回復技を習得可能と器用なポケモンですが、反面積み技に関しては貧相で抜きエースとしてはいまいち運用しづらいポケモンでした。

しかしZ技の登場により、Zとおぼえという疑似剣の舞を習得。

今回は普通にサイクルを回しつつ、相手が削れた頃合いを見てZとおぼえ→しんそくで掃除していく動きを狙うのがコンセプトです。

他の型では厳しいカプ・レヒレをA2段階上昇ワイルドボルトで突破できるのはこの型の強みです。

また、これはZクリスタルを持たせるウインディ全般に言えることですが、はたきおとすのダメージ軽減によりクチートに強く出ることができます。

 

他の神速使いとの差別化点

他の神速使いとしてはカイリュー、ルカリオ(メガシンカにより神速採用は激減)、マッスグマあたり。

ウインディにとっての強みは

・炎タイプなので鬼火無効

・積み技が読まれにくい(相手にバレにくい勝ち筋になる)

・いかくと良耐久により積む機会を自力で作りやすい

と言ったあたりでしょうか。

火傷の効かない炎タイプ唯一の神速使いである点(しんそくエンテイは配布限定)、いかくにより流し性能がある点で十分他の神速使いとは差別化できます。

 

命の球との差別化

命の球であれば常時火力強化がなされるうえ、遠吠え1積み時の火力強化倍率は1.5×1.3=1.95となり、Z遠吠え時とほぼ変わらない火力に達します。

そんな命の球との差別化点

 

①通常火力で劣る代わりに耐久を維持しやすい

反動技がメインウェポンであるため、命の球を持たせると攻撃するだけでごりごり削れて行きます。

遠吠えを積むことでZ遠吠え時に近い火力を得るといっても自滅のリスクも相応に高く、場持ちの良さではZクリスタルに軍配が上がります。

 

②一部の技に対する耐性を得る

Zクリスタルならトリック等を受けない、はたきおとすで無効化されずダメージを軽減するなどの恩恵を受けることができます。

特にはたきおとすのダメージ軽減&道具を無効化されないという仕様は対クチートへの後出し時に頼もしいです。

 

③相手にとって判断し辛いアイテムである

命の球はこちらの攻撃が一度通った時点で持ち物がばれてしまいますが、ZクリスタルならZ技を使用するまでは持ち物がばれにくいです。

相手パーティをA+2しんそく圏内に入れるという相手想定外の動きを狙えるのは嬉しいところです。

 

総評

持ち前の安定感に爆発力をプラスしたい、そんな遠吠えウインディ。

積めない場合でもある程度サイクル戦をこなす力があるのはウインディの強みです。

しかし、個性であるしんそくは優先度+2で威力80と優秀なものの、あくまで先制技としては高火力なだけであり、無傷の相手を倒すにはA2段階上昇後でも火力が足りません。

サイコフィールド等で無効化される場合もあるため、安易に積まずに抜いていけるタイミングを見極める立ち回りが必要です。

他の積み技+先制技で全抜きを狙うポケモンと比べウインディの積み技は警戒されにくいのが優秀で、「相手パーティをウインディの+2神速圏内まで削る」という相手にとって想定し辛い勝ち筋を作ることができます。

 

その他のポケモンの育成論一覧はこちら

ほのおタイプの育成論一覧はこちら

-【USUMシングル】単体考察, 単タイプ, ほのおタイプ, 物理アタッカー, Zクリスタル
-, ,

Copyright© ポケログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.