剣盾のポケモン育成論のブログ、縮めてポケログ!

ポケログ!

【USUMシングル】単体考察 地雷・ロマン・変態型 特殊受け・流し トップメタ対策 受け・耐久崩し はがねタイプ

【ポケモンUSUM】弱点保険レジスチルの育成論【テテフ対策・ボーマンダ対策】

更新日:

レジスチルの基本情報

PGLによるとS12のレジスチルの主流はたべのこし持ちの毒まもみがだったようですが、今回の育成論は弱点保険で一部のトップメタを返り討ち…にしたいレジスチル。没ネタ行きか迷いましたが一応記事に残しておきます。

 

レジスチル

種族値

80 75 150 75 150 50

特性:クリアボディ/ライトメタル

タイプ:はがね

4倍
2倍 ほのお/かくとう/じめん
等倍 みず/でんき/ゴースト/あく
1/2 ノーマル/くさ/こおり/ひこう/エスパー/むし/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
1/4
無効 どく

 

レジスチルの調整・技構成

特性 クリアボディ
性格 しんちょう(D↑C↓)
持ち物 じゃくてんほけん
努力値 H252 A164 B4 D76 S12

クリアボディは今回返り討ちにしたいボーマンダやランドロスの威嚇を無効化できる点でかみ合います。

持ち物は火力を補う弱点保険。発動しないと火力不足であり起点化されると苦しいですが、発動することで多くの相手を返り討ちにすることができます。

HDは悪巧みアーゴヨンのだいもんじ確定耐えラインを確保した上での実数値11n。Sは4振り50族抜き。余りをABに。

備考
アイアンヘッド 一致技。テテフへの遂行技。
れいとうパンチ 氷4倍勢に。クリアボディによる威嚇無効と良相性。
じしん アーゴヨンや鋼タイプに。
どくどく 流し際や、毒無効と耐久を活かして耐久狩りに。

 

ダメージ計算

与ダメージ

※弱点保険発動時はダメージ約2倍

アイアンヘッド

無振りカプ・テテフに75.8~91.0%(確定2発)

無振りカプ・ブルルに55.1~66.2%(確定2発)

 

れいとうパンチ

無振り霊獣ランドロスに73.1~87.8%(確定2発)

無振りガブリアスに63.3~76.5%(確定2発)

H4振りメガボーマンダに51.4~63.1%(確定2発)

※いかく無効と弱点保険で突破可能

 

じしん

H20振りアーゴヨンに62.2~74.1%(確定2発)

H252振りヒードランに70.7~84.8%(確定2発)

 

被ダメージ

対物理

A特化ランドロスのじしん 77.0~90.9%(確定2発)

A特化メガボーマンダのすてみタックル 27.2~32.6%(確定4発)

A特化メガボーマンダのじしん 51.3~60.9%(確定2発)

※メガボーマンダのすてみor竜舞に後出しできる

A特化カプ・ブルルのフィールド下ウッドハンマー 28.8~34.2%(3.2%の乱数3発)

A特化カプ・ブルルのばかぢから 52.4~62.0%(確定2発)

A特化ミミッキュのシャドークロー 19.7~24.0%(確定5発)

 

対特殊

C252振りアーゴヨンのだいもんじ 40.6~48.1%(確定3発)

※わるだくみに後出し可能

C特化ヒードランのオーバーヒート 80.2~94.1%(確定2発)

※対面からなら地震で突破可能

C特化カプ・テテフのフィールド下サイコキネシス 20.8~24.5%(確定5発)

C特化カプ・テテフのフィールド下サイコショック 20.8~25.1%(ほぼ確定5発)

C特化カプ・テテフのきあいだま 49.1~58.8%(98.0%の乱数2発)

 

耐久ポケモン

C4振りポリゴン2の10万ボルト 11.7~14.4%

タイプ不一致イカサマ 13.3~16.0%

タイプ一致イカサマ 19.7~24.0%

 

レジスチルの考察・立ち回り

レジスチルの強み

・クリアボディにより威嚇、技の追加効果のDダウン等を受け付けない

・単鋼タイプの中でも高耐久(特に特殊耐久)

・地震やパンチ技による優秀な技範囲

単鋼タイプのポケモン自体が少ないこともあり、レジスチルは独自の地位を確立しています。

弱点保険を持たせることで致命的に足りない火力を補い弱点を突いてくる相手との殴り合いを制す他、毒無効&高耐久を活かしてレジスチルに有効打を持たない相手に繰り出し、毒を撒くのが今回のレジスチルの狙いです。

PGLを見る限り、アタッカーよりの運用をするレジスチルは稀であり、地雷的な動きが出来れば理想です。

 

レジスチルの弱み

弱点を突かれずとも火力のあるギルガルドと異なり、レジスチルは弱点保険が発動してようやくそれなりの火力となります。

等倍での殴り合いとなると厳しい他、例えばアーゴヨンの悪だくみに後出ししたとき、すぐに炎技を撃ってくれれば弱点保険+じしんで処理できるものの、さらに悪だくみを積まれると悲惨なことになります。

火力不足とそれを解消する手段が相手の動きに依存してしまう点は明確な弱点です。

また、鋼タイプには優秀な複合タイプのポケモンが多く存在する都合上、パーティの鋼枠をレジスチルに割きにくいという事情もあります。

 

ギルガルドの壁

技範囲が異なるとはいえ、火力と耐久を両立し、弱点保険との相性も良いギルガルドの存在は大きな壁です。

実はギルガルドもHD特化気味にすればアーゴヨンの悪巧み大文字確定耐え+弱点保険発動シャドーボールでアーゴヨン確定1発など、今回のレジスチルが仮想敵に定めるポケモンの相手をだいたいこなしてしまいます。さらに弱点保険の代わりにゴーストZを採用すれば相手の動きに依存しない突破も可能です。

レジスチルは弱点保険の読まれにくさ、Hが高い分総合耐久で勝る点、身代わりに弱くないこと(キングシールドを挟む必要がないこと)、霊悪等倍の耐性といった点で差別化する必要があります。

ミミッキュの剣舞シャドークローも確定3なのは強みの一つです。

 

総評

弱点保険の都合上相手の立ち回りに影響される部分があるものの、メガボーマンダ、アーゴヨン、カプ・テテフといった対策必須級のポケモンの相手ができる点は非常に優秀です。

ギルガルドとの差別化を強く意識する場合、毒々の代わりにじゅうりょくを覚えさせてじゅうりょく始動要員の役割を兼ねさせるのもありかもしれません。

 

その他のポケモンの育成論一覧はこちら

はがねタイプの育成論一覧はこちら

-【USUMシングル】単体考察, 地雷・ロマン・変態型, 特殊受け・流し, トップメタ対策, 受け・耐久崩し, はがねタイプ
-, ,

Copyright© ポケログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.