USUMのポケモン育成論のブログ、縮めてポケログ!

ポケログ!

考察・雑記

【SM・USUM】第7世代におけるレンブの実の考察

更新日:

解禁されたきのみの詳細と受け取り方

【対象ソフト】『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』
【プレゼント期間】2019年1月8日(火)13時~9月3日(火)8時59分
【プレゼント内容】ナゾのみ/ミクルのみ/イバンのみ/ジャポのみ/レンブのみ
【ふしぎなカードの受け取り方法】インターネットで うけとる

ポケモン公式サイトの情報はこちら

ナゾのみ 効果抜群の技を受けたあとHPを最大HPの1/4回復する
ミクルのみ HPが1/4以下になった後、次の行動で一度だけ命中が1.2倍になる
イバンのみ HPが1/4以下になった後、次の行動で先制できる(優先度は変化なし)
ジャポのみ 物理技を受けた時に相手に最大HPの1/8ダメージを与える
レンブのみ 特殊技を受けた時に相手に最大HPの1/8ダメージを与える

ウルトラサンムーンだけではなく、サンムーンでも受け取れるようです。

受け取り方の詳細はこちら(ポケモン公式サイト)

 

第7世代におけるレンブの実の考察

ポケモン剣盾の情報が次々出てくる中、今更レンブの実の話。

競合アイテムはない。が、仮想敵も少ない。

物理版のレンブの実であるジャポの実はゴツゴツメットという競合アイテムがありますが、レンブの実にはそのような類似効果のあるアイテムがありません。

しかし、タスキマンムーを屠るためのジャポボルトロスのような採用例が過去から存在するジャポの実に対し、レンブの実の採用例はあまり聞きません。

 

なぜなのか。

 

おそらく、明確な仮想敵を定めにくい点がジャポとの最大の相違点になります。

ジャポの実の場合、

  1. 非接触物理技の搭載率が高い(ゴツメが効かない)
  2. タスキの所持率が高い

という条件を満たす相手として、キノガッサ/マンムー/パルシェンといったポケモンがレート環境に一定数存在します。

いずれも無対策だと甚大な被害を被りかねない強力なポケモンであり、ピンポイント気味でもメタを張りたくなるポケモンです。

 

レンブの実の場合、まず想定される仮想敵は

・タスキの所持率が高い特殊アタッカー

となるわけですが

今作の場合、高速低耐久特殊アタッカーにはタスキで耐えて行動回数を確保する以外に「Z技による高火力で倒される前に倒す」という選択肢が生まれているのも気になるところ。

きあいのタスキ所持率一覧の記事でまとめたデータを見るに、上位30位内のタスキ所持率が高い特殊アタッカーはゲッコウガ(約33%)とカプ・テテフ(約14%)のみ。

100位内まで広げると55位のウツロイド(約33%)、95位のズガドーン(約46%)、98位のニドキング(約53%)あたりが狙い目か。

そこそこ仮想敵がいるようにも見えますが、ジャポの実が仮想敵に据えるポケモンのキノガッサ(約91%)/マンムー(約56%)/パルシェン(約50%)と比べるとだいぶタスキ率が低いです。

 

また、タスキキノガッサ等は対策必須級の相手ですが、

・ゲッコウガはタスキ想定で動くとZ技により崩される可能性がある

・カプ・テテフは最メジャーのスカーフ型にとってレンブはほとんど痛手にならない

・ウツロイドは鋼タイプでの受けが比較的安定するため、レンブでピンポイント対策する必要性が薄い

・ズガドーンやニドキングは上位100位内といえど遭遇率が低く、単体で壊滅させられることは少ない相手

・その他環境上位の特殊アタッカーもサポート主体かアタッカー主体か見分けにくいポケモンが多く(ジャローダ等)、前者の場合レンブが役立ちにくい

また、仮想敵にキノガッサの胞子やマンムーパルシェンの連続技のような要素があまり無いので、対面処理するだけならこちらにタスキを持たせれば良い相手もちらほら。

つまり、ジャポの実はピンポイントであっても対策する価値のある明確な敵がいるのに対し、レンブの実は仮想敵のタスキ所持率が微妙な上にレンブに頼らない処理の選択肢が多くレンブを持たせる必要性が薄いというのが採用率の低さに繋がっているようです。

 

レンブの実のタスキ潰し以外の可能性

これまでの話は「タスキ潰しとしてのレンブの活用」という限られた視点による話。

相手へのダメージの増加という観点からみると、鉢巻眼鏡などにはできない芸当として「固定ダメージ技への火力補助」が可能な点が光ります。

どういうことかというと、レンブの実ならミラーコート等の反射技や地球投げ等の固定ダメージ技にダメージを上乗せすることが可能なのです。

反射ダメージだけでは僅かに倒しきれない相手をレンブの実の削りと合わせて倒したり、地球投げn回耐え調整を崩したりすることが可能です。役立つシーンが限定的すぎる

 

また、受け出しで簡単に発動できる消費アイテムである点も見逃せません。

かるわざのポケモンにとっては「容易にかるわざを発動しつつ相手を削れる」優秀なアイテムになります。

この場合、低耐久アタッカーの持ち物候補であるタスキとスカーフどちらに対しても有効な動きになりうるため、レンブの実の抱える問題である「相手がタスキでなかった場合」をフォローすることが可能です。

 

その他、アクロバットやゲップの発動条件を満たすアイテムとしても面白い選択肢だと思います。

 

まとめ

タスキ潰しという用途だけを考えると扱いづらいレンブの実。

しかし、別視点での活用をメインに据えたり複数のシナジーを見出すことが出来ればその潜在能力は計り知れません。

なので誰かレンブの実を持たせたナイスな育成論をお願いします。

 

また、ジャポの実は採用されまくっているような書き方に見えますがそんなことはない。

 

イバンのみの考察記事↓

【SM・USUM】第7世代におけるイバンの実の考察【がんじょう】

 

ミクルのみの考察記事↓

【SM・USUM】第7世代におけるミクルの実の考察【命中率補正】

-考察・雑記
-,

Copyright© ポケログ! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.